離婚問題解決のポイント (その1 相手は離婚に応じていますか?)

相手が離婚に応じているか?


Q 相手が離婚に応じない場合どうしたらよいのですか?


A 相手が離婚することに同意していない場合、協議離婚はできません。  


しかし、法律で定められた「離婚原因」があれば、相手が離婚に応じていなくても離婚できます。



民法 第七百七十条 

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

 


※具体的に、自分の置かれた状況が法定の「離婚原因」にあたるかどうかは、専門の弁護士が詳しい事情をお伺いしてアドバイスします。

コンテンツ