再婚したら養育はどうなりますか?

(養育費をもらっている側の母(父)が再婚した場合)

養育費は、子供の親に対する権利なので、自分を監護している親が再婚したからといって、当然には権利が無くなるわけではありません。

ただ、再婚相手が裕福である場合など、義務者の側から事情が変更したことを理由に減額を求められることはあります。

この場合は、話し合いをして、話し合いで決まらなければ家庭裁判所の調停で解決することになります。


なお、離婚の際に、再婚をした場合には養育費の支払いを終了する旨を定める方もあります。

(養育費を支払っている側の父(または母)が再婚した場合)

養育費は、親の子供に対する責任であり、自分が再婚したからといって、前の配偶者との間の子供が自分の子供でなくなってしまうわけではありませんので、一方的に養育費の支払いをやめてしまうことは許されません。

但し、相手方の再婚相手が経済的に裕福な場合で、むしろ新しい親からの扶養を受けた方が、子供の成長にとって望ましいような事情がある場合には、事情が変更したことを理由に、減額や停止について話し合いを求めることは可能です。

養育費に関するさまざまな質問や問題について解説します。