離婚に関する子供のこと

離婚する夫婦に未成年の子供があった場合、子供をどうするかということは、離婚問題の中でも大変重要で、解決も困難な問題です。  

ここに含まれる問題としては、「親権者をどうするのか」、「面接交渉をどのように認めていくのか」などの問題があります。 






「親権者をどうするのか」(誰が親権者になるのか。)

 

親権者とは、未成年の子に対して親権を行う役割を持つ人のことです。
  
親権者の権利・義務の内容には、

子供が一人前の社会人になるために、
 ①子供を監督・保護したり、教育をすること(これを身上監護権といいます。)
 ②子供の財産を管理したり、財産上の行為の代理人となること(これを財産管理権といいます。)があります。


 さらに詳しい内容は、下のコンテンツをご覧ください。


「面接交渉をどのように認めていくのか」  

面接交渉とは、離婚した後に、子供を引き取らなかった方の親が、子供とあったり、電話で話したり、メールや手紙をやりとりしたりすることです。  
離婚の内容を決める際には、未成年の子供と別居している親と、その子供との面会の方法を定めます。


さらに詳しい内容は、下のコンテンツをご覧ください。

離婚に関する子供のこと  コンテンツ

▲ページトップに戻る