岡崎・豊田・三河/弁護士による離婚問題支援

「親権者をどうするのか」

親権者をどうするのか」  
親権者とは、未成年の子に対して親権を行う役割を持つ人のことです。  
親権者の権利・義務の内容には、子供が一人前の社会人になるために、
 ①子供を監督・保護したり、教育をすること(これを身上監護権といいます。)
 ②子供の財産を管理したり、財産上の行為の代理人となる(財産管理権)こと があります。

Q 親権者でなくなった親は、もう子供の親ではなくなってしまうのですか?

A そんなことはありません。
お子さんがあなたの子供であることには変わりありません。

そのため、あなたには
①子供と会う権利(面接交渉権)や
②子供があなたの財産を相続する権利はそのままですし、
③あなたには依然としてお子さんを扶養する義務があるのです。
 
未成年の子がある場合、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするかを決めなければ離婚はできません。  

親権は父母の婚姻中は、父母が共同で行使するのですが、父母が離婚した場合は父母のどちらかが、単独で親権者となるためです。  
親権について争いがある場合、争いのない離婚だけを行い、子の親権者の決定・指定は後で決めるということはできません。  

協議離婚の場合、離婚届に子の親権者をどちらにするかを記載しなければならず、この記載がなければ、離婚届は受理されません。    

そのため、夫婦間の合意で親権者を決めることができないときは、協議離婚の届出ができません。   
この場合は、調停や裁判等で親権者を定めることになります。   


親権者を定める場合に、もっとも大切なことは、子の生活・福祉を考えて決めることです。
親の都合で決めるのではなく、子の成長や発達にとって最適な方法を話し合うべきです。

もう少し詳しく