岡崎・豊田・三河/弁護士による離婚問題支援

「面会交流をどのように認めていくのか」


 面会交流とは、離婚した後に、子供を引き取らなかった方の親が、子供とあったり、電話で話したり、メールや手紙をやりとりしたりすることです。  

 離婚の内容を決める際には、子供と別居している親と、未成年の子供との面会の方法を定めます。
  
 たとえ親同士が別居や離婚をしても、親子の関係は変わりません。

 お子さんが健やかに育つためには、別居している親と面会することはとても大切なことです。  


 しばしば離婚の際に、子供は別居親から「見捨てられた」と感じることがあります。  

 夫婦が別れて暮らすことになる以上、どちらかの親は、子供と一緒に住むことができなくなることは避けられないでしょう。  

 そんな場合でも、子供に向けた親の愛情は変わらないことを示し、「いつでも会える」と感じさせることは非常に大切なのです。

もう少し詳しく