解決の鍵  ①第三者を交えた話し合いが有効


社会経験が豊富で常識的な人ほど、「外の顔」というものがあります。

たとえ夫婦間の話し合いでは、感情的になってしまい冷静な話し合いができない場合でも、第三者が入ることで、双方が自身を客観視でき、話し合いが前にぐっと進むことはよくあります。

このような傾向、世間で 「偉い人」「立派な人」「ちゃんとした人」といわれている人に比較的多く見られます。

さらに詳しく