岡崎・豊田・三河/弁護士による離婚問題支援

電話での相談は原則として行っていません。


 しばしば、電話でのご相談を希望される方があります。申し訳ありませんが、当事務所では原則として電話相談をお受けしていません。

 なぜなら、法律関係は前提としている事実が変われば、その回答は全く変ってしまうからです。


 例えば、「父が亡くなったのですが、息子である私は、遺産を受け取ることができますか?」とのご相談があったとしましょう。

 このご相談にお答えするためには、亡くなった父上が遺言書を作成したか、亡くなった父上に妻がいるか、相談者の他に兄弟がいるか、生前、父上からすでに多額の贈与を受けていないか等々、様々な事情をお聞きしなければなりません。


 つまり、法律相談を行う場合、弁護士はご相談者の置かれた状況をよくお聞きし、理解しなければ、適切とはいえない回答をしてしまいかねないのです。

 すでに受任中の事件で事情をよく把握できている場合であればよいのですが、初めての方の電話相談は、資料を十分に吟味することができませんので、事実関係を把握しづらく、適切な回答を差し上げることができない恐れがあるのです。



 当事務所では、ご相談者のために、その相談に集中する時間をきちんと確保し、お持ちいただいた書類等、目で見て確認できる資料を吟味し、また、相談者の目の前で資料を示す等、一般論にとどまらない解決に繋がりやすい相談を心がけています。


 また、ご相談者様にとっても事件を処理の依頼を検討する場合は、初めて相談する弁護士がどんな人柄か、自分の話をきちんと聞いてくれるのか、自分の気持ちに寄り添ってくれるのかは重要な判断要素でしょう。

 弁護士事務所のHPにどんなに素晴らしい宣伝文句が記載されていても、自分の大切な事件を依頼してよいのかどうかは、実際に会ってみなければ分からないことが多いと思います。


 そのため、初回の方のご相談は面会でのご相談のみとし、電話相談はお断りしているのです。