離婚に付随する夫婦のお金の問題(4) 年金分割

離婚問題において解決すべき大きな要素の一つとしてお金の問題があります。

夫婦は、これまで生計をともにしてきたわけですから、離婚に伴って精算しなければならないお金の問題が、とても大きな比重を占めることは当然のことです。  

離婚にまつわるお金の問題を細かく分ければ、慰謝料、財産分与、養育費、婚姻費用、年金分割の問題となります。





「年金分割について」

 年金分割とは、離婚等をしたときに、厚生年金や共済年金の標準報酬を当事者間で分割することができる制度です。
この年金分割制度には、① 合意分割制度と、② 3号分割制度があります。

 いずれも、年金分割の対象は、年金のいわゆる2階建部分のみですので、確定給付企業年金、適格退職金などのいわゆる3階建部分は含みません。

注)自営業の妻(夫)の場合
 この場合、妻(夫)は、国民年金の第1号被保険者ですので、自分自身の基礎年金を受給することができます。
 そもそも相手方に、年金分割の対象となるいわゆる2階建て部分がないので、年金分割は利用できません。


合意分割制度と3号分割制度の詳しい説明は

↓↓↓下の詳細コンテンツをご覧下さい。↓↓↓




お金のこと  詳細コンテンツ