離婚したくない方へ

 たとえ今、夫婦関係がぎくしゃくしてしまっているとしても、もし離婚せずにいられるのなら、それに越したことはありません。  




このページでは、離婚を回避するための手続について、ご紹介します。


(夫婦関係調整調停


 離婚問題発生 → 話し合い → 調停 と進んだらもう後戻りできないと思っていませんか?

実は、調停というものは、離婚した方がよいかどうか迷っている場合や、円満な夫婦関係を回復するための話合いをする場としても、利用できます。  

家庭裁判所の調停手続では、当事者双方から事情を聞き、夫婦関係が円満でなくなってしまった原因はどこにあるのか、その原因を夫婦の双方がどのように直したら夫婦関係が改善していくか等について、解決案を提示したりあるいは解決のために必要な助言をする形で進められます。  

夫婦関係は、こじれてしまったけれど、まだ努力して修復を試みたいという方には、ご検討ください。


(夫婦関係修復のための合意書)

 夫婦関係調整調停によって話し合いを持たなくとも、夫婦間の話し合いでやり直すことを決めた場合、合意した内容を
きちんと文書化しておくのもよいことです。



 当事務所では、夫婦がやり直すために取り決めた内容を文書化するお手伝いもいたします。


 お気軽にお尋ねください。
 

離婚はしたくないというあなたへ